せっかち太郎

人生が心配で眠れませんか?無理に眠らなくてもいいんです。 せっかちな性格でも心豊かにくらしたいオヤジのブログです。

禁酒で眠れない人へ 無理にねむらなくていいんです

みなさまこんにちは、ピナレロです。

 

禁酒で眠れない人へ

禁酒しているけど、飲みたくて

こころがやすまらなくて

 

どうしても飲まないと

眠れない…

 

無理に眠らなくていいんです。

 

習慣をつづけることで、やがて、生活が改善されます。

継続していることが自信となり、苦境に立たされた時に自信になります。

人間は本来、夜にねる動物なのです。正しい生活を継続することで眠れるようになります。

 

アルコールの力を借りて寝ることは寝たことにならない

アルコールで寝るということは本当に寝るということとかなり違います。

いってみれば気絶しているに近いことになります。

 

本来の睡眠は、リズムがあり定期的に一定の睡眠段階を繰り返します。その段階ごとに眠りの深さ浅さ、役割、意味付けがあります。

 

かなり大雑把ですがこんな具合です。

浅い眠り→深い眠り→かなり浅い眠り→浅い眠り→深い眠り

 

アルコールにより眠りに落ちた場合は、内臓はアルコールを処理するのに忙しくて、その影響で脳の処理能力も弱まり、通常の眠りのリズムとは違う眠りとなります。

 

本来の眠りとはかなり異なるので、眠りの役割が果たせず、身体的にも、精神的にも翌日に疲れが残ります。

 

例えば、肝臓はアルコールを処理するのに忙しくて、余分な栄養分の代謝ができず、脂肪が体内に蓄積されやすくなります。

 

脳においても、アルコールが残っていると、気絶状態で寝ることになるので、本来やるべき情報処理ができず、寝る前の記憶がないとか、マイナス感情を翌日へ持ちこすなど、悪影響は計り知れません。

 

アルコールで寝るというは、寝たことにならないのです。

 

ですから、アルコールがないから、寝られないというのは、アルコールを飲んでボーッとしたら寝るというのが習慣になっているにすぎません。

 

単なる習慣で、その習慣は幻のようなものです。

体全体がそのように思い込まされているようなものです。

根拠のない単なる習慣にすぎません。

 

寝るための努力から逃げてはいけない

アルコールを飲まないで寝れないならそれを受け入れることです。

アルコールを飲まないで就寝してみる。

寝れなくても、日々それをつづける。

苦しいのであれば、なにか苦しみから逃れる他の手段を考えましょう。

 

運動できるのであればなにか運動して体をくたくたに疲れさせる。無理であれば、ユーチューブなどで、ひたすらお経とかマントラを唱え続ける。

頭であれこれ考えるからいけないのです。

 

禁酒の習慣を絶対あきらめてはなりません。

禁酒の効果は絶大です。

明るい未来への第一歩です。

 

頭から仕事が離れない

仕事はきついですか。眠れないほどきついのであれば、仕事のやり方を変えるか。

裏技を使うか。仕事を変えるしかないです。

 

夜勤の仕事であれば一定の時期は続けられますが、5年6年程度が限界ではないでしょうか。

 

会社のことが不安で、仕事に事が頭一杯で眠れない人は、頭にあることを紙に書き出してみましょう。

一旦頭の中にあるものを紙に書くことで、頭を空っぽにしましょう。

 

眠って、起きてからまた紙をみて考えを継続すると決めれば、不安が少しでも軽くなるはずです。頭の中でそれ以上考えなくてもいいんだと自分に言い聞かせてください

 

会社を休んでみる

会社で働くことと寝ることのどちらが大切なことか天秤にかけてみましょう。

健康と会社の仕事のどちらが大事ですか。

会社をこたえる方もいるでしょう。

だって、仕事してお金をもらっていて、お金がなければ生活できないではないか。

と思われる方も多いでしょう。

 

お金がなければ生活できない。健康を維持できないのは、確かですね。間違いないと思います。

ただ、お金の稼ぎ方として、今の稼ぎ方しかないのか考えてみてください。

会社で働くことだけが、お金を稼ぐ唯一の方法ではないですよね。だから、会社が健康より大事というのは思い込みに近いです

 

眠れないならば、いっそのこと会社を休んでみてはどうでしょうか。

禁酒するという習慣を何が何でも身につけなければなりません。そのためには、1日ぐらい休んでもいいのではないでしょうか。

 

おすすめの会社の休み方

わたしは、年に数回、用事もないのに休むことがあります。

休んでやることは、頭の中の整理です。

 

ある日の有給休暇の過ごし方を紹介します。

 

朝は、いつもと同じ時間に起きて朝食をとり、家をでます。

ただし、スーツではなく私服でPCを持っていきます。

駅につくと、電車には乗らず、喫茶店でコーヒーを頼みます。

喫茶店でPCを広げて、ユーチューブなどで、マインドの学びを行ないます。

通勤中のサラリーマンがあわただしく喫茶店を出入りしますが、その様子を眺めながら余裕でコーヒーをすすります。

心に余裕が生まれます。

十分に学びを行ない。心が楽に軽くなります。お金持ちになった気分になります。

自分はお金持ちであると自己暗示をかけます。

気持ちがプラスになると、喫茶店の店員にもご苦労さんと声をかけたくなります。

実際には声はかけませんが。

 

喫茶店をはしごしてもいいでしょう。

ブログの記事を書いたり、他のブログをみたり。

この時間がとても楽しい。

 

昼までに、普段できない役所での届け出とか、所用をすませます。

太陽のめぐみを十分受けながらスニーカーでしっかりと地面を感じながらあるきます。

昼までに他になにをしようかと少し欲張りになります。

 

そうだ、久しぶりに公園にいって地面の上をあるいてみよう。

ちょっと遠いからバスに乗って行ってみよう。

そんな気分にもなります。

 

昼めしを家でつくります。

十分な野菜と肉で簡単に調理した昼食をとります。

 

午後は、普段は朝やっているちょっとした筋トレをすませて、また、PCへ。

今度は普段の仕事のフォローをします。

一人でできる事務資料の見直しなどです。

これは、あまり時間をかけません。あくまでフォローです。

みっちりやると疲れて休暇の意味がありませんからね

あくまで、頭の整理程度にとどめます。

 

うちは共働きなので、こんな日は夕食の準備を男であるわたしがします。

買い物をすませたら、また、家でマインドを整えます。

株は積み立ての投資信託を少ししかやっていませんが、相場を軽くながめて、自分の資産を眺めます。

そして、無駄遣いがないか。

贅沢な支出はないか見直します。

 

夜が近くなると寝る時間へ向けて準備を開始します。

10時に寝るのであれば、逆算して風呂はいつ入って、それまでに何をするかをイメージしながら過ごします。

 

まとめ

こんな一日ですが、通勤電車に乗らず、自分の好きな時間の過ごし方ができるだけで、十分な休息となりますよ。

 

どこかへ旅行に出かけるとか映画を見るのもいいですが、たまには頭を整理して心をやすませる休日もよいのではないでしょうか。

 

最後になりますが、もう一度いわせてください。

禁酒の効果は絶大です。これについてはまた別に書きたいと思います。

-生活

関連記事

禁酒で精神が進化した?禁酒3か月の効果について

みなさまこんにちは、ピナレロです。   早いもので禁酒を始めてから3か月たちました。   1月のはじめに禁酒の決意をして今は4月に入ったところなので正確には3か月とちょっとになりま …

ポケ活のススメ

みなさんこんにちは、ピナレロです。 中高年の皆さんは日ごろから健康のため何かされてますか? 運動したいけどジムにいくほど大げさにしたくない。何かしたいけどいいものはないだろうか。とお思いの方へ、おすす …

美味しいご飯の炊き方。ゴハン食のすすめ

みなさまこんにちはピナレロです。 一気に初夏になりましたね。 暖かくで気持ちも体も活動的になります。会社員の方であれば年度変わりのときで、異動などもあり、色々と気忙しい季節です。 そんな忙しい中でもご …

食生活で健康を維持するため55歳会社員が気をつけている食生活

みなさまこんにちは、ピナレロです。   「最近体調がよくない。」「このままでは生活習慣病になりそうだ。」何とかしなければ。と思いつつも、仕事や家族サービスに追われ、あせっている中高年の会社員 …

禁酒3週間の効果を実感

みなさまこんにちは、ピナレロです。 禁酒をはじめてから、3週間を過ぎました。当初は、禁酒ではなくて、週一回禁酒日を設ける目標だったんですね。 しかし、いろいろ情報を集めるうちに、より効果を実感できる禁 …