せっかち太郎

人生が心配で眠れませんか?無理に眠らなくてもいいんです。 せっかちな性格でも心豊かにくらしたいオヤジのブログです。

本当に当たるの?タロットの魅力

みなさまこんにちは、ピナレロです。

タロット占いって、あのトランプみたいなカードで占うやつ。
あれって当たるんでしょうか。
知り合いでもプチ占い好きがいて、タロットで占ってもらったらどうのこうの・・・と。

カードを手に入れて、占い方を学べば自分でもできそうな占い。
占い師いやってもらうのもいいですが、自分でこっそり出来たらいいですよね。

タロット占いとは?

タロットの起源は古代エジプトとか古くからあり、時代によりいろいろな変遷を遂げながら現代にいたっているという。
現代のタロットも絵柄も決して一様ではなく、マンガ的な絵柄があったり、クラシカルなものもあるようだ。

現代の一般的なものは、ウェイト=スミス・パックとマルセイユ・タロットカードの2種類。
個人的にはやはりクラシカルなものに魅力を感じますね。

 

タロットカードの枚数ですが、スタンダードなものは78枚でそれが、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚に分かれるという。
占う人はカードをシャッフルして出てきたカードの意味を解釈することで、様々なことを占う。
つまり、任意に抽出されたカードに意味があるということ。

 

大アルカナのカードにはそれぞれ番号、名称があり、意味が割り当てられている。
例えば21番の「世界」は、「宇宙意識や世界霊魂との調和や気づき」とある。

これをどうにかして解釈するのだな。

小アルカナとなると56枚もあるのだが、いくつかのグループにわかれ一定の構成があるようだ。
タロット占いのカードは、現在でも様々なタロットカードが生み出されているそうだ。

自分で占うタロットやり方

さて、ではタロット占いのやり方をみてみましょう。

さきほどの78枚のカードから占うのもありですが、最初は大アルカナの22枚だけでトライしてみましょう。

 

やり方は簡単。
まずは22枚のカードをテーブルの上でまぜます。
まぜるときは右か左の一方向に回転するように心を無にして混ぜましょう。
もちろんカードは裏返しで。

ある程度混ざったらカードをまとめ3つの山にわけます。
適当でいいです。

次に3つの山を好きな順番で1つにまとめます。
これを3回程度くりかえせば準備完了。

 

ここから、一定の形にカードを展開してゆくのですが、まずは簡単に横方向に3枚開いてみましょう。右から、過去、現在、未来を表しています。
絵柄の解説を見ながら自論を展開してみてください。

カードが上下逆になったりしていたら、意味が角度を変えてきますので解釈に注意です。

こんな風にタロットは絵柄の意味から自分なりの解釈ができるので楽しいですね。
人気があるのもわかる気がします。

ネットで占ってみた

ちなみにネットでクリックしてカードをめくって占うサイトがあったので、やってみた。

まず、質問を心の中で唱えます。私は5年後の自分を占ってみました。

めくってでてきたカードは「死」!ちょっとまって。

 

本当に簡単な占いでも、結果がこころに投影するものはありますね。あーやらなければよかった。

さて、自分でカードを買って勉強して占いのも大変と思われる方は、街の占い師に依頼してはどうでしょうか。

私も実際に、占い師に占ってもらおうとおもっています。それは、また、報告するのでお楽しみに!

-生活

関連記事

美味しいご飯の炊き方。ゴハン食のすすめ

みなさまこんにちはピナレロです。 一気に初夏になりましたね。 暖かくで気持ちも体も活動的になります。会社員の方であれば年度変わりのときで、異動などもあり、色々と気忙しい季節です。 そんな忙しい中でもご …

退職を人生選択として考える

みなさまこんにちは、ピナレロです。 中高年の会社員にとっての恐怖は定年前に退職することではないでしょうか。 ストレスにより精神や体に不調を生じ、これ以上会社にいると精神が完全におかしくなる。 また、体 …

禁酒を決意する。禁酒が生活にもたらす効果について考えてみた。

みなさまこんにちは、ピナレロです。 毎日欠かさずにお酒を飲んでしまうのは、依存症ではないか? このまま飲み続けていても良いのだろうか?最近ふと考えてしまいます。 五十代半ばとなった今、飲酒が習慣が生活 …

手作り弁当のすすめ~会社のお昼は手作り弁当を!

みなさまこんにちは、ピナレロです。 会社でのお昼ご飯は何にしようか?いつもソバ屋とかコンビニ弁当とかになってしまい、飽き飽きしていませんか。是非、手作り弁当を試してみてください。おすすめです。 昼飯は …

食生活で健康を維持するため55歳会社員が気をつけている食生活

みなさまこんにちは、ピナレロです。   「最近体調がよくない。」「このままでは生活習慣病になりそうだ。」何とかしなければ。と思いつつも、仕事や家族サービスに追われ、あせっている中高年の会社員 …